こんにちは富士山マリーです。

金価格が暴落しています。

1ヶ月の間に1g1000円も暴騰していたので行き過ぎていた感がありました。

私は毎月買い増していたのですが「高すぎるので今月は休もうかな」と思っていた矢先でした。

下がってきたので今月も買いを継続します。

上がって嬉し、下がって嬉し相場かな です。

見通しを書いておくと金価格は短期では下落、長期では上昇です。

各国のマネタリーベースや地政学リスクなどを考えれば当然です。

アメリカの異常な金融緩和や実体のない株高はいつかどこかで巻き返しが来ます。

その時に備えてリスクを分散しておくのです。

金が正しい投資なのかどうかはその人の状況によりけりです。

数千万円程度の資産であればペイオフの1000万円ずつを複数の銀行にあずけておいてもいいと思います。

問題は資産が億を超える富裕層の場合です。

数十億や数百億なら海外投資や大規模投資、プライベートバンクやタックスヘイブンの利用もできますが、たかだか数億円だとそうもいきません。

その場合のおすすめはやはり分散投資です。

現金、外貨、債券、株、不動産、現物などに振り分けるしかありません。

私が金やプラチナのインゴットを買い集めているのもそういう理由からです。

現金がふくれあがったのでポートフォリオの組替えをしているのです。

私の場合は均等に25~30%ずつになるように振り分けていますが、社会情勢や年齢によって調整することが望ましいです。

今はデフレなので現金を持っておくのが有利ですが、インフレになる要因はたくさんあります。

インフレに備えて金の現物を買っても国から没収される可能性はゼロではありません。

くり返し書いているように何に投資しても絶対はありません。

決してなくなることのない資産は自分自身です。

自分の身に着けた知識や技術、知恵や人脈は死ぬまでなくなりません。

この知識や技術、知恵や人脈こそが富を生み出す源泉なのです。

お金や物の価値は簡単に変化します。

しかし自分で価値を生み出す力があればどんな変化にも対応できます。

変化を楽しみましょう。